あなたの街の相続屋さんです。名古屋市天白区の事務所です。遺言や家族信託、贈与、売買など、さまざまな財産承継に対応。行政書士業務では建設業許可や古物商許可申請に力を入れております。名古屋市天白区のほか、緑区や日進市、東郷町を中心エリアとして営業しております。

ブログ

抵当権抹消で登記識別情報(権利証)紛失

抵当権抹消登記は通常、 委任状 登記識別情報(又は登記済証) 解除証 以上の書類を銀行にもらって申請します。 しかし、書類一式を失くしてしまう方がいます。書類を受け取った後、そのまま何もせず亡くなってしまい、相続人が困る …

合同会社の社員加入と資本金

合同会社の社員の加入方法は大きく分けて次の3つです。 新たな出資による加入 持分(社員権)の譲受による加入 持分(社員権)の一般承継(相続・合併)による加入 株式会社と異なる点は、業務執行社員(株式会社で言えば業務執行取 …

自分でやる古物商許可申請(法人)

自分でやる古物商許可申請シリーズ、法人編です。 行程(法人) 会社の目的変更登記 公的書類収集 書類記入 提出 大まかな作業順はこのとおりです。 1.が法人の特徴です。 1.会社の目的変更登記 会社の目的に古物商に関する …

自分でやる会社の目的変更登記

法人様が古物商許可の前に忘れてはならないのが、会社の目的に古物商を加えるということです。 このページでは、それをご自分で行うための情報を記載します。 なお、スタンダードに株式会社を前提とした内容となっております。 行程 …

自分でやる古物商許可申請(個人)

古物商許可申請を「自分でやる!」という方も少なくないのではないでしょうか? ここでは自分で行う方の助けになるような情報を発信します。 行程(個人) 公的書類収集 書類記入 提出 簡単に作業順をまとめるとこのような感じです …

消費者契約法って?(後編)

消費者契約法の主な規定について「消費者契約の申込み又はその承諾の意思表示の取消し」「消費者契約の条項の無効」を挙げました。 前回は契約の取消しについて記事を上げましたが、今回は「消費者契約の条項の無効」を中心に書きます。 …

消費者契約法って?(前編)

消費者契約法とは、消費者と事業者との間の情報格差を考慮し、消費者の利益の擁護を図る法律です。 ここで言う「消費者」とは、事業として、事業のために契約当事者となる者を除いた個人を言います(消費者契約法2条1項)。 そして「 …

売買に関する法律

売買は、経済の根幹を支える契約形式です。 皆さんご存知の通り、代金とモノの交換が売買です。 しかし、現実には消費者保護や購入者保護を目的とする「消費者契約法」「特定商取引法」などが存在します。 事業者同士の売買においては …

行政書士試験の独学③

今回は捨て問捨て論点、戦略について書きます。 なお、私見な上に平成20年度当時の情報なので情報鮮度が悪いです。 各科目の「重要」な部分 これは外してはダメでしょ、と思う部分は以下の通りです。 逆に言えば、それ以外は捨て問 …

本当に大事な相続放棄

多くの方が相続は他人事だと思っていませんか? 相続には財産のほか、「負債」も含まれます。 親の多額の借金をそのまま相続するケースもあります。そんなときは相続放棄の手続が威力を発揮します。 相続放棄とは 一般的に「相続放棄 …

1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 司法書士・行政書士 いまもと事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.