昨今、相続関連の財産処分手続の需要が高まっております。その一方、相続前の対策としての贈与や遺言、後見では柔軟な財産処分の需要に応えることが困難となっております。

 そこで家族信託と言う方法があります。依頼者様の財産を頼れるご親族に託し、管理や処分をしてもらう方法です。

 メリットとしては贈与税や不動産取得税を発生させないで不動産の権限を委譲することができたり、何代か先までの財産の権利者を指定できたりします。財産をお持ちの方の認知症対策、入院対策にバッチリなプランもございます。同様に認知症の事後対策である後見人の選任に比べて財産処分の自由度が高いので、おすすめの手続になっております。

 家族信託をご検討される場合は是非ともご相談ください。